背景ライン

Infomation

えひめICTチャレンジド事業組合 定款

一般社団法人 えひめICTチャレンジド事業組合 定款

「愛媛の共同受注窓口の特徴」

  • えひめ印刷・ICT共同受注窓口の特徴
    継続的な運営を目指し、運営費は受注金額の10%頂き、社会情勢や団体事情などに左右されない自主運営を目指す。参加と退会は自由
  • 愛媛県は6圏域に分かれて、それぞれの地域に共同受注窓口を設置している。
    1. 中予圏域、松山と周辺
    2. 今治圏域
    3. 新居浜・西条圏域
    4. 八幡浜大洲圏域
    5. 宇和島圏域
    現在5カ所の圏域窓口があり
    それぞれの圏域には受注が予想される、掃除・弁当・内職雑貨・農作業などの責任窓口を持つ。
    センターに受注があると地域の窓口に連絡し、それぞれの窓口が受注内容により責任窓口へ連絡する。
    私どもの印刷・ICTは在宅と言う分類になって六番目の共同受注窓口になっている。

えひめICTチャレンジド事業組合28年度総会 2016年5月10日

えひめICTチャレンジド事業組合28年度総会にかかる資料を公開いたします。

えひめICTチャレンジド事業組合27年度総会 2015年6月22日

えひめICTチャレンジド事業組合27年度総会にかかる資料を公開いたします。

えひめICTチャレンジド事業組合26年度総会 2014年6月2日

えひめICTチャレンジド事業組合26年度総会にかかる資料を公開いたします。


障がい者への発注促進

発注者皆様へ、利用できる施策等の情報を掲載していきます。

障害者優先調達法

障がい者就労施設で就労する障がい者や住宅で就業する障がい者の経済面の自立を進めるため、国や地方公共団体、独立行政法人等の公的機関が、物品やサービスを調達する際、障がい者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進するために制定されました。

障害者優先調達法

障害者優先調達法 検索バー画像

発注促進税制

障がい者が働く施設などへの発注額が増えた場合に、発注を行った企業に対して法人税等の税制優遇をするものです。障がい者の「働く場」に対する発注額を前年度より増加させた企業について、企業が有する固定資産(減価償却資産)を割増して償却することができます。

発注促進税制

発注促進税制 検索バー画像

松山市テレワーク在宅就労発注奨励金

テレワークによる在宅で業務を行う従業員を雇用する指定事業所に対し業務を発注した全国の事業所に発注奨励金を交付します。その対価を支払った場合その発注額(限度有)の1割が支給される。

松山市テレワーク在宅就労発注奨励金

松山市テレワーク在宅就労発注奨励金 検索バー画像